header KEECトップ > 個人のお客様向けサービス > 空調・換気扇 > 住宅用換気扇

業務用エアコン

 業務用のエアコンを選ぶ場合気を付けなければいけないのが空間に合ったサイズ(空調能力・容量)の物を選ぶ事です、小さな物を選んでしまうと冷えないばかりか、コンプレッサーが働きっぱなしになり早期故障の原因になります。

 寒冷地用のエアコンも以前に比べると格段に性能が上がって来て暖房の立ち上がりは従来機種の約半分程度で。吹出温度も約10 分で45℃まで一気に上昇し、安定時には50℃の温風で室内を暖め可能。外気温−25℃の寒冷地でも安定した暖房です。飲食店用のエアコンには、厨房用エアコンと客席用のエアコンがあります。厨房には天井吊形のステンレス製のエアコンまたはスポットエアコンが一般的で、客席には専用のフィルターを付属することで耐久性がアップします。

 店舗事務所用エアコンは、家庭用ルームエアコンと比較して、長時間運転に耐える堅牢性を重視した設計と、より広範囲な空間を空調できる機能を備えたものとなっています。広い空間を冷暖房するため、能力(馬力)も大きく、電源も大きな電力を必要とするため、三相三線式の動力電源が多く使用されています。オフィス・物販店・飲食店などには店舗事務所用エアコンをご使用ください。  店舗事務所用エアコンには、4方向吹出型や天井吊り下げ型、壁・天井埋め込み型など様々なタイプのエアコンがございますので、用途にあわせてお選びください。

 4方向カセット型エアコンの特徴は、送風口が4方向にあり空間全体を均一に空調できることが最大の特徴です。また、機種によっては、4つの吹き出し口から出る送風を独立して風向調整できるタイプもあり、空間にあわせて最適な気流の設定が可能です。また、人感センサーを搭載したモデルもあり、人のいるエリアを感知して、その方向の送風を自動調節して、より快適で、よりムダを抑えた効率のよい冷暖房を実現します。また、消費電力を増加させる最大の要因であるフィルターの汚れを自動清掃する自動清掃ユニット搭載モデルも発売されています。

 1方向・2方向カセット型エアコンの特徴は送風方向が一定方向ですので、長方形の空間に設置した場合、効率のよい空調が可能です。また室内機の形状も長方形ですので、天井に設置された照明器具とバランスよく配置することが可能です。また、人感センサーを搭載したモデルもあり、人のいるエリアを感知して、その方向の送風を自動調節して、より快適で、よりムダを抑えた効率のよい冷暖房を実現します。また、消費電力を増加させる最大の要因であるフィルターの汚れを自動清掃する自動清掃ユニット搭載モデルも発売されています。


 天井ビルトインエアコンは、室内機本体を天井懐内部に設置し、フレキシブルダクトを使用して吹き出し口を最適な場所に設置するため、天井下部に設置される照明器具や換気扇の位置に室内機の位置が左右されることがありませんので、快適な空調設計が可能です。

 天井埋込ダクト型エアコンは、室内機を天井内部に設置して、吸い込み口や吹き出し口を、ダクトを利用して最適な場所に設置するダクト空調機です。 設置の自由度が高く、室内空間に合わせた最適な食う著が可能です。

 天井埋込型エアコンを設置できない環境にある場合に使用されるエアコンが天井吊り下げ型エアコンです。天吊型エアコンは、1方向吹き出しタイプで、天井に埋め込む設置が困難な店舗やオフィス、教室などで多く採用されています。また、人感センサーを搭載したモデルもあり、人のいるエリアを感知して、その方向の送風を自動調節して、より快適で、よりムダを抑えた効率のよい冷暖房を実現します。また、消費電力を増加させる最大の要因であるフィルターの汚れを自動清掃する自動清掃ユニット搭載モデルも発売されています。

 業務用壁掛け型エアコンは、室内機の設置スペースに制約のある、小規模店舗や、事務所などに最適なエアコンです。ルームエアコンなみのコンパクト設計でありながら、業務用の能力を実現しています。また、大幅な軽量化により、施工性も高く据え付け工事も容易に行えるのが特徴です。また、室内機はパネル全面をひふきするだけで汚れが落ち、手入れが容易です。デザイン性も優れた機種も多く発売されています。

 床置形エアコンは、設置場所が自在なスリム設計で、リニューアルに最適なエアコンです。

 厨房用エアコンは、外郭ボディーの油に強くさびにくいステンレスが採用されています。しつこい油汚れも簡単に落とすことができます。また、高性能オイルフィルターを標準装備していますので、エアコン内部への油煙の侵入を抑えます。また、分割可能なファンケーシングの採用により、ファンの洗浄が簡単にでき、ドレンパンが汚れた場合の掃除も現地は移管接続部が取り外せるので容易です。またリアパネルに外気の取り入れができるノックアウト穴が用され、厨房内の換気対策として、新鮮な空気を取り入れることができるタイプも発売しています。

 ビル用マルチエアコンとは、1台の室外機で、容量の異なる複数の室内機を個別に運転できる『異容量接続・個別運転マルチ型エアコン』です。一般的な業務湯エアコンが室内機と室外機の高低差が30m以内、最大は配管長が5馬力で50m,10馬力で100mであるのに対して、ビル用マルチエアコンは、室外機と室内機の高低差が、室外機が上の場合50m,室外機がしたの場合40m,最大配管長は165mとなります。(※前記の数値は一般的な数値であり、メーカーや機種によって異なります。)また、ビル用マルチエアコンは室内機と室外機の電源が、別々の電源となるのも特徴のひとつです。

 クリーンルームエアコンは、クリーンな空気環境が要求される病院、食品工場、電子部品製造工場などで使用されるエアコンです。HEPAフィルター組み込みにより、空気清浄度「クラス10,000」を実現しています。室内状況にあわせて、「下吸い込み」「後吸い込み」の2方式から選択可能で、様々なシーンに対応可能です。

 設備用パッケージエアコンの既設冷媒配管を利用して設置できるエアコンがリプレース専用エアコンです。更新時のスピード施工を実現するとともに、高いコストパフォーマンスを実現するとともに、消費電力の削減に貢献します。エコロジーでエコノミー。業務を止めずに、短い工期で機器の入れ替えが可能な省エネ時代のビル空調システムです。

 電算室用エアコンの特徴は、停電後の電源復電後には、素早い起動で自動的に復帰できることです。また、コンピューター室の発熱を抑えながら、人にも快適な冷房を行います。その他の特徴として、負荷変動に対応したインバーター制御でランニングコストを低減、室内機には集塵効率の高いエアフィルターを採用しており、2台のマルチ接続室外機を設置すれば、万一のトラブル時には室外機い1台で運転が可能です。もちろん、高速伝送鵜方式で集中管理システムへの接続可能なタイプもございます。

 水冷式パッケージエアコンとは、室内ユニットごとに冷房・暖房が自由に選べる2管式の冷房暖房同時同時マルチを水冷スプリット方式で実現したエアコンです。その特徴は、寒冷地や高層ビルにも設置しやすい水熱源方式であること、冷媒配管2管方式での冷房暖同時運転が可能でること、コンパクト化、軽量化を実現したことにより二段積みも可能なモデルもございます。

興和電設株式会社
ADDRESS:〒003-0833 札幌市白石区北郷3条3丁目1−6 興和ビルディング
TEL:(011)873−2671 FAX(011)873−3333 E-MAIL:refer@keec.co.jp URL:http://www.keec.co.jp/ SHOP : http://www.rakuten.co.jp/lumiere10/

フッターメニュー