header KEECトップ > 個人のお客様向けサービス > 照明器具設備工事 > 住宅照明

住宅照明 HOUSE LIGHTING

 日常的な住空間での「あかり」は、日々の生活を心地よく演出し、その空間ですごす時間を豊かにしてくれます。また、「あかり」の情緒感は人間の心理的健康をももたらします。このように、住空間において、「あかり」を上手にいかしてこそ、真に快適な住まいが実現するのではないでしょうか。

 住空間を彩る照明器具には、設置場所や設置環境・用途・目的などにより様々な種類の照明器具が存在します。そのような様々な種類の照明器具の中から、ご自身にあった照明器具を選ぶことが大切なのです。当社では、お客様のご意見・ご要望を伺った上で、お客様に一番最適と思われる照明器具を、下記にあるような様々な種類の照明器具、また国内外の様々な照明器具メーカーの製品から選定し、ご提案させていただきます。住宅新築・増改築、リフォームの際は是非ご相談ください。また、照明器具1台からの交換工事も承っておりますのでお気軽にご相談ください。

 シャンデリアは、複数のランプを光源として、直接光や屈折光などによって華やかな雰囲気をつくり出し、デザイン性は高いのが特徴です。
当社では国内外のさまざまなメーカーを取り扱っており、お客様のご要望にお答えするべくよりよいプランを提案いたします。

 部屋全体を照らす照明としてよく使われており、ぶら下がりタイプに比べ、天井からまんべんなく照らすので、部屋全体が明るくなります。また天井がすっきりするので、部屋が広く感じるなどのメリットもあり、天井に取り付けられるので家具や人の邪魔になりません。より明るく、より広い空間をご要望の方にお勧めします。

 取付位置がシーリングほど高くないので電球の交換が比較的容易です。最近は天井の高いリビングが増えてきたのでシーリングだと結構大変なので女性や高齢者にもやさしい照明です。 壁面が明るくなるブラケットライトは、実際の明るさ以上にお部屋の印象を明るくします。 光源がシーリングライトより低い位置にあるブラケットライトは、落ち着いた雰囲気を作るのに向いています。くつろげる空間づくりには是非取り入れたいアイテムです。

 光を屈折させ、美しい空間を演出するペンダントライト。
ダイニングルームやキッチンの食卓の演出に適した、吊り下げ型の照明です。手動で高さを調節できるものであれば、 掃除や電球の付け替えといったメンテナンスも簡単にできます。

 和風器具の特徴は、無駄のないシンプルな形状と、木、竹、和紙といった自然素材を使うところにあり和紙や陶器の間接光は癒しを与えてくれます。また障子窓を通した光のように、やわらかな拡散光を有することも特徴です。最近では、合成樹脂などで自然素材を模したものも多く出回っていますが、できれば自然と調和した日本の文化を継承する、本物の素材を使った器具を長く使用し、生活のゆとり感を醸し出したいものです。

 キッチンは細かい手作業の多い空間。何よりも作業のしやすさを第一に考え、十分な明るさを確保しましょう。包丁や火を使用する場所なので安全面の配慮も欠かせません。また、清潔を保つためにも、全体にすみずみまで明るく照らしたいですね。清潔感のあるフレッシュなあかりがオススメです。

 アウトドアライトとは雨などに備え、耐候性に優れた素材や塗装が施されている物で。屋外で使用される器具の種類には防水型器具(屋外等の雨にさらされる場所や、水のかかる場所等、湿度が高い場所での使用にたえられる様に、設計・加工された専用器具)、防滴型器具(軒下など、風雨の影響をあまり受けないところに使われる器具)などがあります。

 最近の住宅ではダウンライトを利用するケースが増えています。特徴は、比較的狭い範囲だけを照らす照明であることですが、天井のなかに埋め込まれ照明器具自体が見えないのも特徴の一つです、必要な場所に必要なだけ、設置できるから、光の演出も可能で簡単に言えば、部屋の中に明るい部分と暗い部分をつくり出すことが可能、部屋の演出効果もあり広い居間にダウンライトが使われるのは、主にこのムードの良さが理由でもあります。廊下など、狭くて天井も低い場所では、スペースにあった照明としてダウンライトが重宝されることもあります。

 最近、住宅の気密化が進み、室内の快適空間への要求がますます高まり、すぐれた特性をもつシーリングファン(インテリアファン)が注目されています。冷暖房とシーリングファンを併用することで、室内の温度を均一な環境にし冷暖房だけの場合と比べて冷暖房費を大幅に節減できるのです。形状やカラーも豊富で、高天井や傾斜天井があるお家にお住まいの方、インテリアとしても最適です。

 浴室灯は防湿性に優れセードの部分は割れにくく軽量で機械的強度・耐熱性・透過性に優れたポリカーボネートを使用しているものがお勧めです。

 間接照明の特徴と使用目的間接照明の特徴としては天井などに設置する直接照明と違って、反射を利用するために穏やかな光になりやすく、陰影が浮き出しやすくなるという点が最大の特徴でしょうか。そのため気分を落ち着かせたり、逆に気分を盛り上げたりすることが出来るのです。直接照明が生活のための照明であるとするならば間接照明は遊びのため、余裕のための照明であるといえるでしょう。間接照明の使用目的は住まいの“遊び”であり“余裕”なのです。自分の思うように設置し、楽しんでみてはいかがでしょうか。

 オフィスなどで一般的に使われている蛍光灯による照明器具です、デザイン性を気にしなければ最も照明効率が高いと言えるでしょう。コスト最優先の方にお勧めいたします。

興和電設株式会社
ADDRESS:〒003-0833 札幌市白石区北郷3条3丁目1−6 興和ビルディング
TEL:(011)873-2671 FAX:(011)873-3333 E-MAIL:refer@keec.co.jp URL:http://www.keec.co.jp/ SHOP : http://www.rakuten.co.jp/lumiere10/

フッターメニュー