header KEECトップ > お客様向けサービス > TV・TEL・LAN TV受信設備工事

TV受信工事 ホーム共同受信テレビ・共同受信設備

 全世帯に普及している最も身近なメディアである地上波放送も2011年7月をもって地上デジタル放送へ完全移行することになります。デジタルテレビを利用して、誰もが簡単な操作で多様な情報を入手できる環境を構築する事で、いつでも簡単に番組や情報にアクセスできるようになります。

 現在地上系による放送では、見通しのよい山頂や高い電波塔に設置された送信所からVHF帯又はUHF帯(難視聴地域の一部などではSHF帯)の周波数を使って放送し、受信可能な地域はアンテナが見える範囲の地域になります。衛星放送においては、赤道上空約35,786kmにある静止衛星に中継器を置き、地球上から送信(アップリンク)した電波を受信したのち別な周波数に変換し、地球上に向けて再送信します(ダウンリンク)。静止軌道からは地球のほぼ半球が見えるため、広範囲での受信が可能になります。お客様が利用したい放送にあった設備を当社ではサポート致します。

T.地上波デジタル放送受信設備

@UHFアンテナ
 UHFアンテナの設置が必要です(ケーブルテレビの場合は不要)。(UHFのアンテナでも、13ch〜52chに対応していない場合は、対応したUHFアンテナに交換する必要があります。)

A分配器・分波器・混合器
 一般住宅の場合屋根にBS・CS・VHF・UHFのアンテナを設置して混合器により一本の同軸ケーブルで屋内に引き込み分配器により各部屋へ分けて送ります、各部屋へ来てからBSやCS、UHF、VHF、地上波デジタルに信号を戻すのが分波器で今後購入を予定されている方は地上波デジタル対応の物をおすすめします。

B増幅器(ブースター)
 ブースターは、高周波用の増幅器ですが、特定の周波数に同調して増幅を行うというのではなく、フィルタを使って、一定の範囲以外(放送に使用されていない範囲)の電波を排除して、残りを増幅しているわけなので、地上デジタル放送に対応したブースターでは、信号が強すぎる場合の入力オーバーをさけるため、内蔵されたアッテネータ(減衰器)でゲインをコントロールしています。ちなみに、そのゲインは手動でコントロールするものと自動でコントロールできるもの(オートブースター)とがありますが、それほど価格は変わらないので、これから導入するというのであれば、自動でゲインをコントロールできるタイプを選択した方がよいでしょう。

U.BSデジタル放送受信設備

@BS110度CSアンテナ
 110度CSデジタル放送とは、BS放送用の衛星と同じ東経110度方角に静止している新しい通信衛星「N-SAT-110」利用する新しいデジタル放送です。110度CSを視聴するには110度CSチューナーか110度CS内蔵テレビが必要ですが、最近売られている地上デジタルチューナーや地デジ内蔵の液晶テレビ・プラズマテレビのほとんど全てにこのBS/110度CSチューナーが内蔵されています。アンテナはBS110度CSアンテナで受信します。 最大の特徴は、BS/110度CSアンテナ1本でBSデジタルとCS(スカパー)の番組(全部ではありません)が視聴できるところです。またBSと同様に地上波と混合することも容易です。 ただ高周波帯域(2150Mhz)を使用する為、増幅器や分配器類、お部屋のテレビ端子を交換する必要がでてくる場合があります。

A衛星信号切換器
 地上波、BS・110度CSに対応したもの(CSR-746)と地上波、BS・110度CS+CS(スカイパーフェクトTV!)に対応しているもの(SR-744)とDXアンテナでは2種類出しています、アンテナ等も違ってきますのでご確認の必要があります。

Bデジタルチューナー(BS110度CS用)
 国内にはまだアナログ放送しか対応していない標準テレビが1億台以上あり,これらがアナログ放送の終了する2011年7月までに,ディジタル対応のテレビに買い換えられるかどうかが,大きな問題となっています。 地上・BS・110°CS(スカパー110)のディジタル放送専用のモデルであれば比較的お求めやすい価格で,従来の標準テレビでも地上ディジタル放送が視聴できます。

V.CS放送(スカイパーフェクトTV!用)

@CSアンテナ(シングルビーム/デュアルビーム)
 デュアルビームとはスカイパーフェクTV!サービスの「JCSAT-3」「JCSAT-4A」を同時に受信出来る物で。シングルビームとはスカイパーフェクTV!サービスの「JCSAT-3」または「JCSAT-4A」のいずれかを受信する物をいいます。

A衛星信号切換器
 地上波、BS・110度CSに対応したもの(CSR-746)と地上波、BS・110度CS+CS(スカイパーフェクトTV!)に対応しているもの(SR-744)とDXアンテナでは2種類出しています、アンテナ等も違ってきますのでご確認の必要があります。

BCSデジタルチューナー(スカイパーフェクトTV!用)
 スカイパーフェクTV!用のチューナーで110度CSデジタルとは様式が全く異なります。BS放送との混合配線はできないのでこのチューナーは単体のみの販売となっております。

T.地上波デジタル放送受信設備

@UHFアンテナ
・UHFアンテナの設置が必要(ケーブルテレビの場合は不要)。 (UHFのアンテナでも、13ch〜52chに対応していない場合は、対応したUHFアンテナに交換する必要がある。)
・地上デジタルテレビ放送用チューナー内蔵テレビ・ビデオ。 または、地上デジタルテレビ放送用チューナー(通常のテレビの場合、ハイビジョン画質ではなくなるが、今までのアナログテレビやビデオに接続して受信ができる)。 ・ハイビジョン対応のBSデジタルテレビがある場合は、地上デジタルテレビ放送用チューナーを、D3・D4端子やコンポーネント映像端子で接続することによりハイビジョン画質での放送を楽しめる。

U.BSデジタル放送受信設備

@BS110度CSアンテナ
 110度CSデジタル放送とは、BS放送用の衛星と同じ東経110度方角に静止している新しい通信衛星「N-SAT-110」利用する新しいデジタル放送です。110度CSを視聴するには110度CSチューナーか110度CS内蔵テレビが必要ですが、最近売られている地上デジタルチューナーや地デジ内蔵の液晶テレビ・プラズマテレビのほとんど全てにこのBS/110度CSチューナーが内蔵されています。アンテナはBS110度CSアンテナで受信します。 最大の特徴は、BS/110度CSアンテナ1本でBSデジタルとCS(スカパー)の番組(全部ではありません)が視聴できるところです。またBSと同様に地上波と混合することも容易です。 ただ高周波帯域(2150Mhz)を使用する為、増幅器や分配器類、お部屋のテレビ端子を交換する必要がでてくる場合があります。

A衛星信号切換器
 地上波、BS・110度CSに対応したもの(CSR-746)と地上波、BS・110度CS+CS(スカイパーフェクトTV!)に対応しているもの(SR-744)とDXアンテナでは2種類出しています、アンテナ等も違ってきますのでご確認の必要があります。

Bデジタルチューナー(BS110度CS用)
 国内にはまだアナログ放送しか対応していない標準テレビが1億台以上あり,これらがアナログ放送の終了する2011年7月までに,ディジタル対応のテレビに買い換えられるかどうかが,大きな問題となっています。 地上・BS・110°CS(スカパー110)のディジタル放送専用のモデルであれば比較的お求めやすい価格で,従来の標準テレビでも地上ディジタル放送が視聴できます。

V.CS放送(スカイパーフェクトTV!用)

@CSアンテナ(シングルビーム/デュアルビーム)
 デュアルビームとはスカイパーフェクTV!サービスの「JCSAT-3」「JCSAT-4A」を同時に受信出来る物で。シングルビームとはスカイパーフェクTV!サービスの「JCSAT-3」または「JCSAT-4A」のいずれかを受信する物をいいます。

A衛星信号切換器
 地上波、BS・110度CSに対応したもの(CSR-746)と地上波、BS・110度CS+CS(スカイパーフェクトTV!)に対応しているもの(SR-744)とDXアンテナでは2種類出しています、アンテナ等も違ってきますのでご確認の必要があります。

BCSデジタルチューナー(スカイパーフェクトTV!用)
 スカイパーフェクTV!用のチューナーで110度CSデジタルとは様式が全く異なります。BS放送との混合配線はできないのでこのチューナーは単体のみの販売となっております。

W.CATV放送受信設備

CATV用各種機器
・UHFアンテナの設置が必要(ケーブルテレビの場合は不要)。
 (UHFのアンテナでも、13ch〜52chに対応していない場合は、対応したUHFアンテナに交換する必要がある。)
・地上デジタルテレビ放送用チューナー内蔵テレビ・ビデオ。 または、地上デジタルテレビ放送用チューナー(通常のテレビの場合、ハイビジョン画質ではなくなるが、今までのアナログテレビやビデオに接続して受信ができる)。 ・ハイビジョン対応のBSデジタルテレビがある場合は、地上デジタルテレビ放送用チューナーを、D3・D4端子やコンポーネント映像端子で接続することによりハイビジョン画質での放送を楽しめる。

X.ビル共同受信設備

 ビル陰の共同受信設備にはUHF電波が流れていないケースもあるのでそのままでは地上はデジタル放送を受信する事はできません個別アンテナで良好に受信できる場合はご家庭ごとのUHFアンテナの取り付けをおすすめしています、現在の共同受信設備を改修してデジタル放送に対応させる方法もあるので詳しい内容はご相談ください。

T.戸建住宅TV配線工事
 新築住宅でしたらあらかじめTVを置きたい部屋や設置したい場所など教えていただければ同軸ケーブル配線時にTVコンセントを取り付け致します、又既設住宅での「TVコンセントを増設したい。」「TV用に電源が欲しい。」などの要望がありましたら当社にご相談下さい。

U.AP・MS・商業施設TV配線工事
 集合住宅など複数の部屋へ配線を分配する場合専用のTVBOXを取り付け共用部にてメンテナンス管理していく必要があります。BOXの設置場所やアンテナの設置場所など周囲の電波状況や美観、安全性など考慮した上でアドバイスさせていただきます。

興和電設株式会社
ADDRESS:〒003-0833 札幌市白石区北郷3条3丁目1−6 興和ビルディング
TEL:(011)873−2671 FAX(011)873−3333 E-MAIL:refer@keec.co.jp URL:http://www.keec.co.jp/ SHOP : http://www.rakuten.co.jp/lumiere10/

フッターメニュー