header KEECトップ > お客様向けサービス > 映像・音響設備工事 > システムプロジェクターシステム

映像・音響設備工事 システムプロジェクターシステム

T.大規模会場用プロジェクターシステム(ホール・講堂・大会議室)
 プロジェクターのランプは明るさが機種によって違います。明るさはルーメン(Ansi [アンシ] ルーメン)という単位で表され、数値が大きくなるほど明るくなります。 プロジェクターが明るいほど、明るい場所でも映り、大きいスクリーンに映せるようになります、但し、明るさに比例してプロジェクター本体は大きくなり、値段も高くなります。また太陽光は明るいので、昼間の屋外ではほとんど映りません。 200人以上、入場出来るような大きな会議場など5000ルーメン以上の明るさが目安になります(投射する内容などによっても、見え方は変わるので絶対値ではありません)又投影するデータが細かい文字や表などがある場合は高い解像度に対応したプロジェクターをおすすめします。

U.会議室・教室用プロジェクターシステム(中小会議室・教室・集会場)
 比較的明るい部屋で50人くらいまでの会議場の場合、300インチ程度のスクリーンであれば2500ansiルーメン位が目安になります。(明るさは上記内容と同じで投射する内容によって見え方が変わります) 会場の条件によってはスクリーンとプロジェクターの間に十分な距離がとれない場合や、大会場で最後方からしか投影できない場合があります。そんなときには交換レンズ(別途レンタル品)を使用して距離と画面サイズを調整します。 プロジェクターを使用したことがある方は、映像が台形に映し出された経験を何度かされたことがあると思われます。これはスクリーンとプロジェクターが正対していない状態で、映像が台形に歪んで映し出されるのです。この台形状態なってしまう映像を修正することをキーストン(台形)補正といいます。キーストン補正を備えたプロジェクターもありますが、使用する際には、1)スクリーンを垂直にし、底面とプロジェクターとの高さを合わせる。2)プロジェクターがスクリーンに対して真正面に置かれているかを確認することで防げます。

V.ディスプレイ用プロジェクターシステム(商業施設・商店街・店舗)
 プロジェクターは、個性的な店舗や各種大型商業施設の演出などにも利用できます。大画面映像が醸し出す独特の臨場感で、店舗をスタイリッシュに演出するなどアイデア次第で高い効果を出す事が出来ます。 展示施設では、現物の説明を文字や図で行う説明パネルや、映像で説明を行う映像展示で分かりやすく展示する工夫を凝らすなど用途も様々です。

W.監視・制御用プロジェクターシステム(監視業務施設)
 監視カメラの映像やその他の情報をタイムリーにプロジェクターに映し出し数十人程度の規模で直に打ち合わせをしなければいけない、その様な状況で役に立ちます。 河川管理事務所の水防司令室などの導入例があり、瞬時に同じ情報を共有出来る点で時間的効率を上げる事が出来ます。

X.スクリーン

興和電設株式会社
ADDRESS:〒003-0833 札幌市白石区北郷3条3丁目1−6 興和ビルディング
TEL:(011)873−2671 FAX(011)873−3333 E-MAIL:refer@keec.co.jp URL:http://www.keec.co.jp/ SHOP : http://www.rakuten.co.jp/lumiere10/

フッターメニュー